キャッシング情報局
初めてキャッシングをする人向けのサイトです
  • HOME >
  • 借金と呼ぶのが普通?!

借金と呼ぶのが普通?!

キャッシングとカードローンはほとんど変わりませんが、微妙に異なります。



異なるのはどこかというと違うのは返済方法です。

キャッシングの場合はカードなどでお金を引き下ろしたり、品物を買った後、翌月一括返済というパターンになりますが、カードローンなら、返済する方法が分割になりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。



任意整理をした後、任意整理を話し合って決めた業者からの借り入れは不可能になります。そうなのですが、任意整理を終えた後、さまざまなところから借り入れたお金を返してしまったら、約5年から10年経てば、信用情報機関に登録してある情報が削除されますので、その後はお金を借り入れすることが出来るはずです。クレジットカードのキャッシング枠を使用している人はたくさんいると思いますが、計画的に返済を考えてお金をキャッシングしても、実際に返済日が来るとお金が足りなくて返すことが不可能ということがあるんです。







そういった際はリボでキャッシング分を払えば、返済額をかなり小額にできる場合があるんです。







返済がきつい場合はリボ払いをおすすめします。





債務整理をしても生命保険を解約する必要がない場合があったりします。







任意の整理を行っても生命保険を解約する必要はないのです。



注意しなくてはならないのは自己破産をすることになる時です。

自己破産をする時には生命保険を解約するように裁判所によって命じられる時があるんです。

任意整理が片付いてから、いくらお金を使う訳があるからといって、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。







審査される際にノーと言われます。





ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、掲載が消されるまでには5〜10年は必要になるため、その後になればキャッシングが可能です。

キャッシングについての広告が最近ではいたるところで見かけますが、キャッシングでも借金でも本当は同じことなのです。





ただ借金と呼ぶよりも、キャッシングという呼び方の方が、ちょっ通しゃれに聴こえるし、嫌な感じもあまりしないのかもしれません。



関連記事はコチラ